Blog

20121108_01




日経BPのメルマガからたどっていったら、

こんなコラムに遭遇してしました。


【営業の新常識「超・行動」】
「部下が上司に言ってはいけない言葉」ワースト10
勘違いも甚だしい部下たちに釘を刺す




著者を見てみると、

今気になっている書籍の著者である、

横山 信弘さんでした。。


気になっている書籍はこれ。

絶対達成マインドのつくり方―科学的に自信をつける4つのステップ―
横山 信弘
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 16


で、この書籍の話は一旦置いておくとして、、、

このコラムにある例を見てみると、どれもひどい言い訳ばかり。

確かに自分が上司の立場であったとしたら、

少なからず「イラっ」としてしまうこと間違いなし。



ダメなフレーズばかりなので、あきれてしまうけれども、

でもふとしたタイミングで言いたくなってしまうフレーズであることもまた然り。

バタバタしていたとか言っている人も多いしね。。



少しだけ気になったのが、「上司100%正しい」という前提での論調。

その前提でのコラムなのかもしれないけれども、

必ずしもそうではない前提もあると思うことも否定できないし、

少しだけ偏ったコラムだな、と。。



でも、こんな言い訳が口をついて出てきてしまうようだと、

どう見られるのか、

どう自分を追い詰めてしまうことになるのか

肝に銘じておくべき記事かも。


油断せずやることきっちりやっていこう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。