Blog





人気エアバンド、ゴールデンボンバーのヴォーカルである鬼龍院翔さんが
紅白出場後の苦労話を語っているのですが、紅白の効果はやっぱり凄くて
どこへ行っても顔がバレてしまうそうです。

これぞ有名人の宿命、ってやつでしょうか・・・大変ですねぇ。
でも普段化粧してなかったら分からない気もするのですが
やっぱりファンの人には分かるんでしょうね。


そしてカラオケの収入(印税)についても言及しており、
かなり増えたそうです、収入が。


以前テレビ番組で虎舞竜の高橋ジョージさんがおっしゃっていましたが、
カラオケで1曲歌われると高橋さんには7円入るそうです。

その収入が年1200万あるんだとか。一度売れると食べていける業界だとは
聞いていましたが、カラオケでそれだけの高収入っていうのはいいですね。
まさに不労所得というやつです。「不労」という表現はちょっと失礼でしょうか?

しかしうらやましい限りです。今、ノリに乗ってるゴールデンボンバーは
幅広い層に支持されていますし、かなりの人がカラオケで歌ってるんじゃないでしょうか?
そうなると1200万円どころじゃなさそうですね(笑)

このインタビューはヘアカラーリングが最も似合う芸能人を決める賞のイベントで
行われており、他のメンバーはオフだったそうで・・・。

ヴォーカルの方ばかり人気が集中してしまうというのはバンドの宿命とも言えそうですが、
カラオケの収入はどういった分配方法になっているんでしょうね?

お金の話ばかりになってしまいましたが、
実際バンドというのが解散する理由の一つにお金というのが結構あるので、
そのあたりも気になりますね。
金爆は金爆のままい行って欲しいですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。