Blog

author_photo




先日知ったことなのですが、

『スタンフォードの自分を変える教室』の著者である
ケリー・マクゴニガルさんの来日が決まったようですね。
しかもまさに今日がそのイベント当日。。



ケリー・マクゴニガル先生来日記念講演会
『スタンフォードの自分を変える教室 in JAPAN』開催!




でも、残念なことに気がついた時にはチケットは完売!
場所が新宿とオフィスから近いこともあったので、
できれば行きたかった・・・無念。。


書籍の方も気がつけばじわりじわりと売れ続け今では40万部超え。
すごい!

スタンフォードの自分を変える教室
ケリー・マクゴニガル
大和書房
売り上げランキング: 5


昨年購入してから何度か読み直していますが、
私が特に面白いと思った章は、



 第3章 疲れていると抵抗できない
 第6章 どうにでもなれ
 第9章 この章は読まないで

このあたり。



著書のテーマが、

 どうしたら意志の力(willpower)を磨けるのか


ということを前提としていますが、
とても参考になることが多く、実際にいくつか講義内容を踏まえて実践してみました。


それまで何度悩んで何度立ち止まってみてもうまくいかなかったことが、
不思議なことにすんなりと上手くいくようになったり、
ちょっとしたことにもストレスを感じるようになっていたのに、
(ゼロでは無いものの)以前と比べるあまり考え込まずに済むようになりました。


もちろん、この本だけのおかげではないとおもいますが、
それでも意識していたのはこの本に書いてある講義内容のポイントを踏まえただけ。
そしてそのポイントを自分の中で、特に、

 何のために
 誰のために


というこを踏まえた上で取り組むようになったらうまくいくようになりました。
(振り返ってみてそう感じています。科学的な根拠はありませんが・・・。)



考えることは無駄ではないしむしろ必要なこと。
でも、考えすぎて身動きとりにくくなってしまうのも、それはそれでいかがなものかと。

考えすぎず、でも、自分の意志をコントロールして充実した日々を過ごしたいのであれば、
この1冊の書籍が参考になると思います。(少なくとも自分はそうでした。)


何か具体的な目標があって、その目標を達成するのに少しだけ自分の意思をコントロールしたいと
考えている方にはおススメだな、と改めて思いました。



それにしても・・・イベント行きたかった。。

スタンフォードの自分を変える教室
ケリー・マクゴニガル
大和書房
売り上げランキング: 5




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。